株式会社サンエージェンシー

九州・福岡全域のマンション専門管理会社として高品質なサービスをご提供します。

新着情報

~インフルエンザにご注意下さい~

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

①正しい手洗い

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

②ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

③予防接種を受ける

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

④適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

全国的にインフルエンザが流行しております。

マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。

まだまだ、流行が予想されますので、インフルエンザの予防法をご紹介いたします。

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

 

①正しい手洗い

 

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

 

②ふだんの健康管理

 

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

③予防接種を受ける

 

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

 

④適度な湿度を保つ

 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

 

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

インフルエンザが流行しております。マンションは集合住宅ですので、インフルエンザが広がりやすい環境となっております。インフルエンザの予防法をお知らせ致します。

 

 

①正しい手洗い

⇒ウィルスの体内侵入を防ぎましょう。

②ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

③予防接種を受ける

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

④適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

⑤人混みや繁華街への外出を避ける

不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

参照サイト:「政府広報オンライン」

 

 

カテゴリ別